おじゃみ座布団

おじゃみ座布団

関西でお手玉を意味する“おじゃみ”。お手玉をモチーフにした可愛い形で、お尻が程よく乗せられる大きさです。角をきっちり出しながら座り心地を考えてワタを詰めるのは熟練の技。京都の職人が一つ一つ丁寧に仕上げています。

おじゃみ座布団

おじゃみ座布団は、豊富な生地の中から好みの生地を選んでオーダーメイドできます。お部屋の雰囲気やお好みに合わせた生地選びを、ぜひお楽しみください。

  1. 生地バリエーション

    特殊な染色技法で色のムラを施し、染め上がりに通常のプリントと違った独特の趣がある「むら染め」生地をご用意しています。50種類以上の木綿生地の中から、2種類の生地を自由に組み合わせてオーダーが出来ます。
    生地見本「木綿」の中からお好きな生地をお選び下さい。

    ⇒生地見本はこちら

    ⇒おじゃみ組み合わせ例

  2. サイズバリエーション

    おじゃみ座布団はM(40cm)とL(43cm)の2種類からお選びいただけます。
    ※サイズにより本体価格が異なります。
    ※木綿生地のMサイズに限り、中材がワタだけ(ウレタン無し)のタイプをご用意しております。

おじゃみの優れた機能性

厚みのある立体座布団なので、あぐらや正座で座ると自然と背筋が伸び、長時間でも楽に座っていられます。

  1. ポイント1床座の座布団に

    床に座る時、おじゃみ座布団をお尻の下に敷くと自然に背筋が伸びます。ひざや腰の悪い方も、長い時間ラクに座っていられます。

    「正座やあぐら等の床座に使うと自然に骨盤をサポートする事により、背骨が安定したアーチを形成する事が可能になる」

    (財)全国療術研究財団 認定会員 香川県療術協会会長
    香西ボディバランス研究所
    代表 香西弘先生からのコメント

  2. ポイント2ソファや椅子の背あて布団に

    おじゃみは、職人が一つずつ丁寧に、綿(わた)を手で詰めています。隅々まで綿がしっかり入っているので、腰あてや背あてとして使うと押し返してくれるような感覚で、とても楽に座れます。

    「ソファや椅子の背布団に使うと自然な背骨のアーチをサポートすることにより、筋肉の緊張を和らげ(筋肉に休息を与え)体を休ませることが可能となる」

    (財)全国療術研究財団 認定会員 香川県療術協会会長
    香西ボディバランス研究所
    代表 香西弘先生からのコメント

  3. ポイント3背筋が自然と伸び楽な姿勢に

    おじゃみに座った時の姿勢について、普通の四角い座布団に座った時と比較をし、三次元計測を行いました。おじゃみに座っている時の方が、背中のS字曲線が立位時に近く、背筋が伸びている結果となりました。

  4. ポイント4中材のこだわり

    熟練した職人が手仕事でワタを詰める事で、8つある角の隅々まできっちりとワタが詰まり、機械では生み出せない美しい立体型に仕上げます。

    中材は、綿70%ポリエステル30%比率の混合ワタに特殊形状ウレタンを内蔵した3層構造です。ワタとウレタンの3層構造にすることで適度な弾力性と反発力が生まれます。そのワタ量は肌掛け布団1枚分にも及び、しっかりと体重を支える座り心地の良い座布団に仕上がります。

    ⇒ウレタン入りNEWおじゃみ開発ストーリー

こだわり素材おじゃみシリーズ

定番人気の木綿生地の他に、シルクやポリエステル、麻など、様々な素材の生地もご用意しております。お部屋のインテリアに合わせた特別な生地で、おじゃみ座布団をお誂えしませんか。

  • グラフ

    カジュアル感を抑えたストライプ

    椅子の張り地にも使用されている厚くて上質な生地。

    商品はこちら
  • カサマンス

    カラフルで斬新なデザイン

    フランスの人気ファブリックブランドの生地。

    商品はこちら
  • ジャガードポリエステル

    繊細な織のドット柄と光沢感

    和洋問わず使え、インテリアにもなる人気の生地。

    商品はこちら


洛中高岡屋とは



洛中高岡屋とは



おじゃみ座布団

49商品

おすすめ順 価格順 新着順

49商品 1-36表示
49商品 1-36表示