【長寿祝】 こじゃみ枕 金襴七宝 古希祝い/喜寿祝い

choju-017

8,000円(税抜)

出来事メモとメッセージカード
購入数

お家ライフを快適にする、長寿祝いのお座布団
日本には長寿の節目にお祝いをする習慣があります。昔からのお祝いの習慣を大切にし、「くつろぎの時間」の贈り物は如何でしょうか。直接会う事が難しい方は、お祝いの相手先への直送をご指定下さい。メッセージを自由に記入したメッセージカードが付属するサービスもございますので、是非ご利用下さい。

お祝いの色で織り上げ仕立てました
70歳の「古希」、77歳の「喜寿」のお祝いには、昔から高貴な色とされており冠位十二階においては最上位の色「紫」を用います。古希/喜寿のイメージカラー紫を基調にした、日本の伝統文様「七宝」柄の金襴の生地で仕立てたこじゃみ枕です。長寿を祝う節目の年にお祝いの色にちなんだ手仕立ての枕で、大切な方へくつろぎの時間の贈り物を。

吉祥の文様七宝柄
日本の伝統文様の七宝は円が無限に広がる文様であることから、円満、調和など古くから縁起の良いモチーフとして親しまれてきた、吉祥の文様です。七宝とは仏教の経典で「金、銀、水晶、瑠璃(るり)、瑪瑙(めのう)、珊瑚(さんご)、しゃこ」の七つの宝を指しますが、人と人の縁や繋がりは、この七つの宝と同等の価値があるため、円形が連鎖し繋がるこの柄を同じく七宝と呼ぶのだと言われています。

七宝柄

おじゃみが変化して生まれたこじゃみ枕
おじゃみとは関西で「お手玉」のこと。お手玉の縫い方を元に4枚の布を使って仕立てたおじゃみ座布団が変化して生まれたこじゃみ枕は、ちょっと寝枕として、ちょうどいいサイズと硬さで、枕としてだけでなく、正座椅子のようにお使いいただくことも出来ます。

枕として使用

正座椅子として使用

出来事メモ
長寿の節目を迎える方それぞれの「生まれた年」「成人(二十歳)を迎えられた年」の主な出来事、流行等を記載した出来事メモが付属します。 ちょっとしたおまけですが、出来事メモをご覧になって「あの時はこんな事があったなあ」「生まれた年はこんな時代だったのか」と、楽しんで頂ければ幸いです。
※ご希望の方はカートに入れる際「出来事メモとメッセージカードを付ける」を選択して下さい。古希は生まれた年1950年、成人の年1970年、喜寿は生まれた年1943年、成人の年1963年の出来事メモが付属します。それ以外の年の出来事メモをご希望の場合は備考欄に記入して下さい。

出来事メモ



メッセージカード



ギフト包装



古希・喜寿祝い座布団

商品詳細

おじゃみとは関西で「お手玉」のこと。お手玉の縫い方を元に4枚の布を使って仕立てたおじゃみ座布団が変化して生まれたこじゃみ枕は、ちょっと寝枕として、ちょうどいいサイズと硬さで、枕としてだけでなく、正座椅子のようにお使いいただくことも出来ます。日本の伝統文様である「七宝」柄を織り上げた金襴の生地を使い、職人が長寿にちなんだ色で仕立てます。

SPEC

◆size:20×20×10cm

◆素材:ポリエステル100%

◆詰め物:ポリエチレンパイプ

◆手洗い(水洗い)は可能です。洗った後はよく水気を切り陰干しして下さい。 ※乾燥機のご使用は商品を傷めます。