寛具とは


おじゃみイージークリーン

“寛具”。この聞きなれない言葉は、“かんぐ”と読みます。長年“寝具”をつくってきた私たちは、寝るための“寝具”だけではなく、いろいろな場面で心からくつろげるものを、職人の美しい手仕事でつくっていきたいと考えました。
そこで創業100周年を機に、くつろぐ=寛ぐための道具“寛具(かんぐ)”という言葉をつくりました。同時に私たちは、心からくつろげる“寛具”のトップブランドでありたいと考えています。



リビングで寛ぐ

ひとを想い、寄り添い、心を込めた“寛具”で、誰かがほっこりくつろげる。そして、くつろいだ皆さまの笑顔のために、また“寛具”をつくる。私たちは“寛具”を通し、そんなくつろぎの笑顔のサイクルが生まれることを願います。


⇒洛中高岡屋とは

⇒職人の手仕事