八分の五 夏ふとん

日本古来の夏布団サイズ。夏を爽やかに眠る日本人の知恵

古くから日本の夏ふとんのサイズは、120×160cmでした。 このサイズは、普通の掛ふとんのサイズの約5/8の大きさです。「タオルケットや綿毛布は、体にまとわりつくのでちょっと・・・昔あった小さな夏ふとんがほしいなぁ・・・」そんなお客様の声から甦った昔ながらの日本の夏ふとん。今ではほとんど姿を消した日本古来の夏ふとんサイズ。このサイズは、普通の掛ふとんの約5/8の大きさです。クーラーも無い昔の日本の夏になぜこのサイズのふとんが重宝されたのか使ってみて分かる納得のサイズです。タテに使っても、ヨコに使っても夏場にとても重宝な知恵ふとんです。



本麻ガーゼケット

優れた吸湿・発散性と高い熱伝導率で体温を下げる働きのある麻は、何もかけない時よりも涼しく眠る事ができます。硬い麻を独特の柔らかくハリのある風合いに、そして特有の技術力で三重織に仕上げています。ナチュラルでサラリとした手触りで、蒸し暑い夜も快適な睡眠が可能。ご自宅の洗濯機で洗えるので、麻素材でも気軽に使えて夏の寝具として最適です。

夏布団

19商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
19商品 1-19表示
  • <
  • 1
  • >
19商品 1-19表示
  • < Prev
  • Next >